-建設資材の高騰で、後を絶たない盗難被害-

昨今の資材の高騰で、ステンレスの建材や電線など建設工事に使われる資材が、盗難の被害に遭うケースが非常に増えています。工事管理者は通常の管理業務に加え、そういった対策にも頭を悩まさなければならず、また、ひとたび被害にあえば、工事そのものにも重大な影響が出てしまいます。

-現場内に侵入されやすく、困難な防犯対策-

比較的容易に侵入できてしまう建設中の工事現場では、防犯対策が非常に困難です。防犯カメラなどの設備は非常に効果が高いと言われていますが、工事現場に設置する場合、カメラ以外の機器類(録画レコーダーやモニター)などを設置する場所がほとんどなく、また、それら精密機器をほこりなどから守るための対策が容易ではないため、不向きと言えます。

-録画機器類を必要としない「ネットビューシステム」-

ネットワークカメラから遠隔地の録画サーバーへ映像を直接送る「ネットビューシステム」は、現地に録画レコーダーやモニターなどの精密機器類を必要とせず、録画した映像は、インターネットにつながったパソコンで、いつでも、どこからでも見ることが可能です。また、リアルタイムの映像も遠隔地から見ることが出来るので、現地の状況をすぐに確認することができます。

-夜間の侵入者も確実に記録する、次世代セキュリティの多彩な機能-

使用するネットワークカメラは「カラーナイトビューモード」を搭載し、夜間の暗い画像も明るさを補正し、カラーで録画します。また、人感センサーやセンサーライトを効果的に配置し、センサー検知→ライトを点灯→カメラが180°回転しズームアップ→画像を携帯電話にメール送信など、最小限の機器で効果的な防犯対策を行うことが可能です。

≫実際の設置事例を見る