遠隔監視・防犯システムとは、現地に設置したネットワークカメラを、日中はパソコンや携帯電話からモニタリング出来る“遠隔監視用”として、また、夜間や休日は、センサーライトやセキュリティコントローラと連動させ、携帯電話などに通報する“防犯用”としてお使いいた だけます。

一定期間しか必要としない建設現場向けに、特別なレンタルパッケージをご用意。
現場の敷地形状や、ご予算に合わせて、リーズナブルにご利用いただけます。

現地に録画に必要な機器類を置かず、ネットワークカメラから録画サーバへ映像を直接送る「ネットビューシステム」を活用することで、今まで難しかった「建設現場」の防犯対策が容易に出来るようになります。

遠隔地に居ながらリアルタイムで現場の状況を把握したり、万が一事故などが起こった場合でも、録画した映像の確認・検証を即座に行える安全管理用のツールとしてお使いいただく事がで きます。

360°全方位のパン・チルトや42倍ズームの操作を、パソコンや携帯電話からも行えるネットワークカメラを活用し、施工中の工事現場の進捗管理や品質の細部まで確認する事が可能です。

敷地内にある現場事務所では、警戒エリアを独立させ、異常時の発報や警戒の「セット」や「解除」をすべて携帯電話から操作する事が可能です。
これにより、警備会社に依頼する「駆けつけ警備」などのコストを大幅に削減する事ができます。